稲毛エルム歯科クリニック 院長 長尾周格

稲毛エルム歯科予防歯科マスコット


■稲毛エルム歯科クリニック 院長 長尾周格、予防歯科とは口腔の健全な形態及び機能を良好な状態に維持することであります。そして、口腔は体の一部であり、口腔の健康と体の健康とは密接に関係しあっているので、全身の健康増進が口腔の健康増進に繋がるのです。

■口腔内の様々な疾患はそれ単独で起こっているという事は無く、全身的な不調和や病的状態の口腔内の一症状であるのに過ぎません。

■虫歯や歯周病、不正咬合をお持ちの方は、なぜその疾患が発症するに至ったのか、その根本的な原因を知ることが重要です。そして最も重要なことは、正しい食生活、理想的な生活習慣というものがどういうものかを知ってもらい、可能な限り実行していくことです。

■そうして、全身の健康を通じて口腔の健康を作っていくことで虫歯や歯周病を予防し、成長期のお子様は健全な成長、発育を促すことで不正咬合を予防する。これが、我々が提供する予防歯科です。

 

診療時間

RSS表示パーツ

スーパードクターズ!

 

 

壮快

 

 

歯医者の99%は手抜きをする

このたび、6月30日に私の三冊目の本が出版されました。
タイトルは「歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方」です。
この本は日本の歯科医療の現状と、良い治療、悪い治療の見分け方を具体的な例を示しながら紹介した本となっています。歯科のあらゆる分野の治療法を網羅している画期的な本となっています。
歯医者選びに困ったら、きっとこの本が役に立つと思います。

医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック院長 長尾周格

 

歯医者が難病になつてわかったこと

「このたび僕の新刊「歯医者が難病になってわかったこと」が発売されることとなりました。
この本は平凡な歯医者でった僕が、予防歯科専門クリニックを立ち上げ、真の予防歯科の知識を啓蒙するために活動するようになるまでの道のりを綴ったものです。
特に僕の現在の活動に最も大きな影響を与えたのが、潰瘍性大腸炎の発症とその治癒に至る過程であり、当歯科クリニックの移り変わりとともに詳しく書かれています。
当クリニックの提唱する予防歯科の考え方と実践法を、僕自身の経験に照らしながら、分かりやすく解説した本となっていますので、皆さんぜひお手にとってお読みください。
なお、この本は前著「歯医者がむし歯を作ってる」の続編ともなっていますので、前著とともにお読みいただければ、より一層ご理解いただけることでしょう。」

医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック院長 長尾周格

 

 

私の初めての著書「歯医者が虫歯を作ってる」
これを読んでいただければ、当クリニックで行っている予防歯科というものがどういうものか、ご理解いただけることでしょう。
予防だけでなく、正しい治療と治療後のメンテナンスについても書かれていますので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

ベストセラー - カテゴリ 歯の医学「amazon」
■■アマゾンへリンク

内容紹介
こんな常識をみなさんは信じていませんか?
1.歯磨きはむし歯を予防する
2.むし歯はむし歯菌が原因
5.むし歯予防に定期検診…etc.
3.フッ素はむし歯予防に効果的
4.歯間ブラシでプラークコントロール
では、極めて勤勉にこれらを信じ、実行しているわれわれ日本人の95%にむし歯があるのはなぜでしょうか?
著者は、これら歯の常識がすべて間違っているからだと断言します。そして、現在の保険医療制度の下では、治療の質は評価されず、
手抜き治療のほうが短期間で再治療を繰り返すことで利益をあげられるという"薄利多売"の歯科業界の現実を報告します。
以上、アマゾンより

「オンライン書店e-hon」日本最大級の本の通販サイトより
■■ここをクリックすれば立ち読みできます。ぜひごらんください。 
[要旨]
日本の保険医療制度の下では、治療の質はまったく評価されず、むしろいい加減な手抜きの治療のほうが、短期間で再治療を繰り返すことで利益をあげられる。常識破りの歯科医、デビュー作。歯医者さんが絶対教えたくない!ホントの「予防法」。
[目次]
第1章 間違いだらけの「歯の常識」;第2章 歯が悪くなるほど儲かるのは誰?―日本の歯科医療の実態;第3章 あなたがむし歯に罹るワケ―歯医者が言わないむし歯の原因;第4章 歯周病のホントの原因;第5章 歯並びは母親の栄養状態で決まる;第6章 むし歯も歯周病もない人たち;第7章 予防歯科の"食"改善法;第8章 治療後のメンテナンスを考える
おすすめコメント
史上もっとも過激な歯の本です!「歯磨きで虫歯予防」「虫歯は虫歯菌が原因」「虫歯になったら必ず歯医者さんへ」…こんな常識全部ウソ!現役のお歯科医が、ダマシの手口からダメな歯科医の見分け方まで徹底的にバラしまくります。ここまで書ける現役医師は他にはいません。
以上、オンライン書店e-honより

「ここを保険治療ではなく、自費のもので治せばもっと見栄えも良く長持ちするのに。。。」と思うことがあります。保険治療の根本が疼痛の軽減や機能回復などの疾病を治療することにあり、自費治療は審美性やより高度の快適性を追求し提供します。より美しく、より快適ということを求めるのでしたら、自費治療が必要となります。
もちろん、保険の治療でもそれについて全く関心をはらっていないことはありませんが、必要最小限度の治療ということになります。
患者様自身が何を望んでいるのかが、保険治療にするか自費治療にするかの基準になると思います。

例えば象牙質まで及ぶC2以上の虫歯や、歯の側面にまで及んだ虫歯では、詰め物の処置には限界があります。とくにかむときに力のかかる奥歯がC2以上の場合、保険を利用する場合は、金銀パラジウムという金属を被せることになります。金銀パラジウムの成分は、金12%、パラジウム20%、銀50%、銅15%、他3%で構成されています。歯科用の金合金は、金、白金、パラジウムなどの貴金属が75%以上含まれていないと化学的に安定せずお口の中で溶けだします。特に、パラジウムと銅は金属アレルギーを起こしやすく、金パラという合金はアメリカ・ヨーロッパの歯科医院では使用されていません。
見た目を良くしたい人や、金属アレルギーの心配の方はセラミックを使った被せものを入れることができますが自費になります。

10年保証

 
午前 × ×
午後 × ×

月・火・水・金
午前 10:00 〜 13:00
午後 14:30 〜 20:00

★土曜日は
午後18:00まで
休診 木曜・日曜・祝祭日

マルエツ稲毛店2F TEL043-255-8341

千葉市稲毛区
小仲台7−2−1
マルエツ稲毛店2F
TEL043-255-8341