医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

利益相反

利益相反(利益相反行為)とは、ある行為により、一方の利益になると同時に、他方への不利益になる行為のことを指します。医療界には、典型的な利益相反が存在します。すなわち患者の利益である、病気が治る、または病気になる人が減る、というのは、医者にとっては患者が減り、利益が減るという事になるからです。

歯科業界も全くその通りであり、歯科医院経営にとっての利益となる行為、すなわち増患・集患というのは、患者側にとってみれば疾患が増え、治療が増える行為ですから、利益相反行為となります。この利益相反行為を堂々と、あからさまに強調する歯科医療コンサルタントまでいる始末。全く、ひどい業界です。

そういうあからさまな利益相反が存在する業界で、本当に患者のために働く歯科医師が存在するのでしょうか。存在して欲しいと願うのは勝手ですが、現実はそんなに甘くはありません。そうやって良い歯医者を求めてドクターショッピングをしている患者に、本当の救いなど得られるはずもありません。良い歯医者の見分け方みたいなことを本にしている人もいますけど、僕に言わせれば単なる宣伝ですね

結局むし歯や歯周病、不正咬合になってから救われようとしても遅いのです。しかし予防が大事といいながら、利益相反が存在する歯科医療提供者側から、本質的な予防の実践法などが明かされることなどありません。僕も予防歯科の本の原稿を書くに当たって、予防歯科関連の書籍には一通り目を通しましたけど、本質的な予防法が書かれた本は、ただの一冊もありませんでした。まあ、当然ですね

世の中には利益相反なんていっぱいあります。一方の利益は他方の不利益、なんて世の常ですから、いもしない名医を探すことはやめましょう。

投稿日:2014年1月9日  カテゴリー:その他歯科治療, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ