医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

最初の一歩


ただ単に自分の健康だけを考えて健康法や食養法を実践するのと、人に指導するのとでは責任が全く違います。自分のためであれば、何があっても自己責任であり、人に迷惑をかけることはありません。しかし、指導した人に何かあれば、それは指導者の責任になります。

当クリニックで予防歯科実践法として指導している「先住民食」は、僕が学んできたことや試行錯誤を重ねた上で作り上げたものです。基本的な考え方は糖質制限に近いですが、他の食事法と大きく違うのは、「砂糖や甘い物を一切排除する」ことです。この事から先住民食は、「断糖肉食」の食事法とも呼ばれます。

僕自身、昔は甘い物が大好きであり、そのために潰瘍性大腸炎という「不治の病」に侵されてしまいました。幸い不治の病のはずだったのが、オーソモレキュラー療法と砂糖断ちによって完治しました。それ以後も先住民食によって、健康は維持されています。

先住民食の素晴らしさを伝えるために講演会でお話したり、本やFBで発信し続けていますが、やはり大多数の方は、「砂糖を一切摂らないなんて極端すぎる」と拒絶反応を示します。僕自身も甘い物が大好きで、なかなか止められなかった経験を持っていますから、砂糖の麻薬性、中毒性のすごさを訴え続けています。

砂糖の海の真っただ中にいる人にとっては、砂糖無しの生活など、考えられないのかもしれません。しかし僕に関していえば、砂糖を一切摂らないことは苦痛でもなんでもありませんし、一切の我慢もしていません。周りで甘い物を食べている人をみても、哀れだなという感情しかわきません。

ですからどんなに甘い物が大好きで、今までずっと切らさずに摂り続けていた人であっても、砂糖断ちは必ずできると信じています。そういう人に、勇気を持って最初の一歩を踏み出してもらいたいと願っています。その一歩先には、砂糖に心を縛られない、自由な人生が待っていますし、さらには心身ともに健康になれるというご褒美までついてくるのですから。


投稿日:2015年12月14日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ