医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

痩せ形の低血糖症


世の多くの女性にとって、スリムな体型は永遠の憧れなのかもしれません。しかし、実際にスリムな人の中には、食べても食べても全く太ることのできないという人もいます。周りの女性からは羨ましがられるのかもしれませんが、その背景には、深刻な問題が潜んでいることがあります。そう、低血糖症です。

糖質の過剰摂取によってインスリンの過剰分泌が起き、血糖値が下がりすぎる病態を低血糖症という事は、これまでに何度も書いてきました。低血糖症になると血糖値上昇ホルモンもまた、過剰に分泌されるようになります。

血糖値上昇ホルモンの一つであるアドレナリンは、交感神経を刺激して筋の活動性を高め、血圧や心拍数を上げます。このために筋肉での基礎代謝量が増加し、脂質の燃焼が高まるため、自然に痩せていきます。

また、血糖値上昇ホルモンの一つで、甲状腺ホルモンであるチロキシンは、筋の活動亢進、血圧上昇、心拍数の上昇、体温の上昇など、代謝を活発化させるために、やはり体重が減少していきます。

アドレナリンの過剰分泌は神経の興奮を起こしますから、不眠や疲労感を引き起こし、自律神経失調症を招きます。また、チロキシンの過剰分泌が慢性化すると、いわゆるバセドウ病と呼ばれる病態となります。これらはとても怖い病態です。

さらに低血糖症が進行して糖尿病になると、元々痩せているために症状は急激に進展します。痩せている人は、太っている人よりも危険な状態なのです。

低血糖症の治療はただ一つ、糖質を摂取しないだけ。特に砂糖は絶対に摂ってはいけません。これだけで、人間本来の健康を回復することができるのですから、痩せ形の低血糖症の人は、速やかに実践してください。


投稿日:2015年12月14日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ