医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

健康になりたい


僕が「先住民食」を始めるきっかけとなったのは、そもそも僕が潰瘍性大腸炎だったので、この病気を治したいと考えたからでした。健康じゃない時には、健康になりたいという願いばかりが頭を占めていました。しかし、潰瘍性大腸炎が完治し、健康となった今では、健康になりたいとは思いません。人間、のど元過ぎれば熱さ忘れるものですね。

でも、僕はそれが悪いことだとは思っていません。いつまでも健康になりたい、なりたいって思っている人は、裏を返せば健康じゃないということなのですから。人間だれでも望めばお金持ちになれるわけではありません。しかし、誰でも健康になることはできます。というのも、人間は本来誰でも健康を生まれ持っているのですから。元々持っているものなのだから、健康になって当たり前。なのに健康を求める人のなんと多いことか。この現実をまずは知るべきだと僕は思います。

健康は本来誰もが持って生まれたもの。もしあなたが健康でないのだとすれば、健康を失うようなことをしてきたから。そこに気が付けば、巷にあふれる健康法や健康食、食養法、ダイエット法、健康食品、サプリメント、健康体操、整体、鍼灸、漢方などなど、全てインチキのまがい物であることに気が付くことでしょう。

健康になれば健康になりたいという考えは無くなります。健康になるには健康を失うような行いを止めれば良いのです。健康なんて、そもそもたいして価値は無いのです。人間本来の健康体となって長生きさえすれば、人間それで満足なのでしょうか?いや、人間として生まれたからには、人間としてどう生きれば良いか、思考して実践することにこそ意義があるのです。そして人間として活動するのに健康が必要だというだけに過ぎません。

だから僕は、健康になるための食事法など、「先住民食」も含めてくだらないと思っています。いわんや、どの食事法が本当に健康になれるのか、どれが正しいのかなんていう論争自体、非常にばかげていると思っています。人間なんだから健康なのは当たり前。当たり前の健康体を持って初めて、人間は人間として当たり前の生き方が営めます。だったら、どう生きるかの方がよっぽど重要のなのです。

残念ながら現代社会に生きる我々は、他の野生動物が本質的に知っている種本来の生き方を忘れてしまっています。だから僕は、人間という種本来の生き方を取り戻したいのです。そしてそれは本に書いてあったり誰かから教わったりするものではなく、健康同様僕の体の中に本来備わっているはずのものです。だからこそ、僕の中にある人間本来の生き方を取り戻したい。野生に帰りたい。野生に帰るには、野生に近い生き方の人たちの生き方に近づくこと。それが、僕が先住民食を実践し、トレイルランとマサイジャンプとマエケン体操を行う理由です。

食は本来人間の生き方に直結するものでなければなりません。健康になりたいのではなく、菜食で生きていきたいと願って菜食主義を実践している人は、その人の生き方として尊重されるべきです。菜食に適応した、進化した身体になりたいと願い、実践している人は実際いますし、ある程度成功している人もいます。逆に、人間の生き方に対する深い考察無しに、どうすれば健康になれるとか、肉食と菜食ではどっちが正しいかなど、全くもってくだらないとしか言いようがありません。

とりあえず、健康でない人は健康になりましょう。健康になって初めて、健康という観念にとらわれない、人間本来の思考や情緒を取り戻せるのですから。


投稿日:2016年11月14日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ