医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

動物を殺して肉を喰うのはかわいそうか?⑨

さて、そろそろ最初の命題についてまとめようと思います。そもそも人類は歴史的には狩猟採集で長らく生活していて、農耕社会が現れたのは、ごく最近の事です。狩猟民族や遊牧民族は動物を殺して肉を喰って生活している人達ですから、動物を殺して肉を喰うのはかわいそうなどとは考えないでしょう。いや、ひょっとすると考えるのかもしれませんが、だからといって肉を喰うのをやめようとまでは考えません。だって、やめたら飢え死にしてしまいますし、死にはしないまでも健康で生き永らえることはできないのですから。

人類の長い歴史や、積み重ねてきた伝統や伝承からは、肉を喰う事が人間本来の健康を維持していく事に、どれだけ重要な事かは一目瞭然です。にもかかわらず、肉を喰うのはかわいそうだから、自分は肉を喰わないなんて考える人が現れることは、普通に考えれば非常に奇妙な事です。

しかし、農耕社会の成立と、農耕社会の発展、農耕社会から工業化社会への発展の経緯を知れば、その答えが見えてきます。人類が自然と共生することを捨て、自然を破壊し、動植物を次々と絶滅に追い込み、環境を汚染しまくってなお、全く反省することなくますます破壊を加速させている人類の行き着く先は、一体どこなのでしょうか。

なぜこんな世の中になってしまったのか。そのきっかけは、やはり人間が最高の家畜を飼い馴らすことに成功したことにあるのでしょう。その最高の家畜とは、人間です。人間ほど高度な知能を持ち、優れた運動能力を持ち、マルチな才能を持つ動物は他にいませんから。

高度に文明化された社会では、もはや誰もが自分を家畜と思ってはいないことでしょう。多くの人は、自分が支配されているという感覚すら、持ち合わせてはいません。しかしそれでも、生まれたときから刷り込まれてきた家畜としての思考や感情、行動はしっかり染み付いています。そしてまた、模範的な家畜であろうとすることが美徳であるという、宗教観や倫理観もまた、疑うことなく受け入れています。

そんな典型的、模範的な家畜が自分の家畜としての優秀さを誇示するための言葉や行動が、「動物を殺して肉を喰うのはかわいそうだ、だから肉を喰ってはいけない」ということに端的に表れているのだと、僕は考えます。

投稿日:2017年10月30日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ