医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

原因不明

現代社会には様々な病気が蔓延しています。中高年の人で、病院にお世話になっていない人は珍しいくらいでしょう。慢性疾患の薬が手放せない人も多いですが、その疾患のほとんどが、いわゆる「原因不明」の疾患です。

日本人の死因のトップ3はガン、心疾患、脳血管疾患ですが、これらも多くは原因不明とされています。ちなみに特発性とか、本態性とか言われるものは、要は原因不明という意味です。

原因不明の疾患というのは、本当に原因が「不明」なのでしょうか?確かに医者はそういうでしょう。しかし、医者が「知らない」だけなのかもしれません。例えば歯科においてはむし歯、歯周病、不正咬合はいずれも原因不明の慢性疾患と考えられています。しかし僕の本に書いてある通り、これら口腔疾患にはれっきとした原因があり、確実な予防法も存在します。

歯医者は不勉強だから、本当に口腔疾患の原因を知らないのかもしれないし、または口腔疾患が減ると飯のタネに困るから、あえて教えないのかもしれません。結局はそういう歯医者はバカか下衆ということになるのですが、皆さんはそういう歯医者の方がお好きなようです。

原因不明の慢性疾患というのは、昔からたくさんあったわけではありません。もちろんガンや脳卒中、心筋梗塞などは昔からあるにはありましたが、非常に稀な病気であり、死因の大半を占めるようなことはありませんでした。

アレルギーやアトピー、自己免疫性疾患などもまた、昔は非常に稀な病気でした。そうであるのなら、こういった病気が急増するようになった原因を、社会の変化などから推測することは可能ではないでしょうか?

そう考えて疾患の急増と社会の変化をつぶさに調べていくと、色々なことが分かります。多くの疾患が急増した原因もまた、推察することができるようになります。人間社会のみならず、野生動物の変化も知ることによって、より深い原因究明が行えるでしょう。

こうして考えれば、原因不明とされる疾患のほとんどは、人類が自ら生み出したもの、招いたものであり、原因明瞭な疾患なのだということが理解できるでしょう。しかし多くの人は、そういった本当の原因になど、全く目を向けようともせず、いたずらに疾患の治療ばかりを求めたがります。そこに救いは無く、さらなるカモにされるだけなのにね。

投稿日:2017年12月25日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ