医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

メイラード反応


糖とタンパク質が熱によって結びつく反応の事を、メイラード反応といいます。お肉を焼くと香ばしい香りがするのは、このメイラード反応によるものです。人間はメイラード反応の匂いを好みます。なぜならこれこそが、人間を他の類人猿とは違った、特別な生き物へと進化させた原動力だからです。

人間はその進化の歴史で、1400~1200万年前にオランウータンと、800~700万年前にゴリラと、700~600万年前にチンパンジー(とボノボ)と分かれ、独自に進化しました。進化の歴史の中で特に大きな変化は、アウストラロピテクス(猿人)から、ホモ・ハビリス(原人)への進化でしょう。ホモ・ハビリス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・ネアンデルターレンシスは身体における脳の容量が、それまでの猿人と比べ非常に大きくなっています。人類最大の脳を持っていたのはホモ・サピエンス(現人)ではなく、ホモ・ネアンデルターレンシスだそうです。

これら原人が非常に大きな脳を持つことが可能になった理由に、食物からの栄養摂取がより効率的になったということがありました。より栄養豊富で効率的な食料というのは、植物性食品よりも動物性食品なのですが、さらに消化・吸収を高めるために、彼らは火を使うことを覚えたのでした。火によって、人類が類人猿と違った進化を遂げたという説を唱えるのは、ハーバード大学のリチャード・ランガム教授です。

原人の遺骨の遺伝子的調査によれば、原人の食事は非常に肉食に偏っていて、また加熱調理した食べ物を摂っていたといいます。加熱調理は人類に共通の特徴であり、世界中の未開の先住民で火を使わない先住民は全く存在しません。加熱調理こそが人類の人類たる所以であり、栄養豊富な肉を加熱調理することによって非常に効率的に栄養摂取が可能になったことで、巨大化した脳のエネルギーをまかなうことが出来るようになったのです。

メイラード反応は糖質の過剰摂取で体内に発生すると、酸化ストレスが上昇し、慢性炎症を起こす原因となってしまいます。しかし食べ物に起こっているメイラード反応は体内のメイラード反応とは別物であり、食べ物の味や風味を良くしてくれるだけでなく、消化も良くしてくれますから、ステーキが何万年もの昔から人類に愛されてきたのも頷けるというものです。


投稿日:2018年11月26日  カテゴリー:予防歯科, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ