医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

農業に関する考察


現代農業は農薬や化学肥料を用い、機械化された効率的な農業となっています。これは日本のみならず世界的な趨勢であり、世界的な市場となっています。

現代農業の特徴は、効率化、均質化、大量生産化であり、いうなれば工業製品(factory products)的農作物となっています。工業製品的農作物が普及することによって、一年を通して安定した質の農作物が安価に供給されることが可能になり、これが一般庶民の食の豊かさをもたらしたことは、否定できない事実です。

農業も畜産業も、工業的手法が追及される中、そのやり方に反する農業や畜産業を目指す人も増えてきました。有機栽培や自然農法といった農業手法です。なぜ今このような農業形態が模索されているのか?それは、現在の工業生産的農業では得られない価値を求める人が増えてきたからだと思います。

では、工業生産的農業では得られない価値とは何でしょうか?それは、安全性、希少性、高品質の三つに集約されると思います。

まず安全性ですが、工業生産的農業では、低コストで安定した農業を行うために、農薬や化学肥料を用います。畜産業においては抗生物質や成長ホルモンなどの医薬品も用いられています。こういった化学薬品や薬剤が残留したり蓄積したりすることによって生じるリスクが安全性を低下させます。

こういった現状に対し、安全性を求める声にこたえて有機栽培や自然農法が生まれてきたのだと思います。安全な食料を提供することで、消費者のニーズにこたえようとする農家が現れたということです。

また、希少性というのは、効率的かつ大量生産に向く遺伝子組み換え作物やF1品種が主流となる中、昔ながらの在来種や固定種が持つ独特の風味や味を求める声にこたえ、栽培する農家が増えてきたということです。固定種はまた、種の多様性を守るという意味でも重要であり、ひいては食の安全とも密接に関係しています。

そして最後の高品質ですが、これは安全性や希少性を前提とし、なおかつ風味豊かで美味しい農作物という意味です。農作物や畜産物は食べ物であり、食べ物は単に人間が生きていく上で必要な栄養を摂取するためのものではありません。食は喜びであり、人生そのものでもあります。人が何よりも食に求めるもの、それは美味しさなのです。

食においては安全性、希少性はもちろん付加価値となりますが、もっとも高い付加価値を与えるものが品質であり、豊かな風味や食味、美味しさとなります。工業生産的農業に対抗するのであれば、安全性や希少性のみならず、何より味にこだわるべきです。

とはいえ、美味しいものを安定的に作ることは至難の業です。土の作り方、天候の見方、作物の特性、病害虫の対応の仕方などなど、非常に高度かつ広範な知識が要求されます。高品質のものを作る技術は職人芸であり、プロフェッショナルに求められるものなのです

高品質にこだわることが出来ずにただ有機栽培や自然農法を行っているというだけでは、単なる家庭菜園の延長に過ぎません。そういう農家もまた残念ながら多いのが現状ですが、プロフェッショナルとしての矜持が問われているのです。そこに気づかない農家は単なる自己満足でやってるだけに過ぎません。

世の中を美味しい食べ物で満たすことが、人々の幸せにつながります。さらにそこに安全や安価が伴えばいうことはありません。そういう食べ物を作り上げるプロフェッショナルこそが、今まさに求められているのです。


投稿日:2018年11月26日  カテゴリー:ブログ, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ