医療法人社団楡樹会 稲毛エルム歯科クリニック

予防歯科 一般歯科 矯正歯科
小児歯科 インプラント

当医院は自由診療・自費診療専門の歯科医院です

〒263-0043 千葉県千葉市稲毛区小仲台7−2−1マルエツ稲毛店2F

【診療時間】10:00~13:00/14:30~20:00 ※土曜は10:00~13:00/14:30~18:00 木・日・祝祭日休診

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

日常に復帰させること


僕は24歳で大学を卒業し、歯科医師免許を取った時に「日本一の歯医者になる」と、心に決めました。その気持ちは今に至るまで全く変わっていません。

僕の目指している「日本一」とは、何の日本一か。それは「日本一お金持ちの歯医者になる」でもなければ、「日本一大きな歯科医療法人の理事長になる」でもなく、「日本一有名な歯医者になる」でもありません。「日本一治療技術の優れた歯医者になる」というのが、僕の最初に考えた「日本一」だったわけでもありません。僕が目指したのは、「日本一患者を真に救う歯医者」だったのです。

もちろん患者を救うためには高い治療技術が必須です。しかも、自分の得意な治療を患者に押し付けるのではなく、患者が必要な治療を適切に施してあげられる歯医者を目指していましたから、矯正治療やインプラント治療、咬み合せ治療、歯周病治療などの専門医を目指しもしませんでした。しかし、歯科の各治療を「専門医」レベルでこなせるようになることは目指しました。

高度な歯科治療技術を一通り身につけ、良好な治療を提供できるようになって、僕は初めて気付きました。それは、「治療技術をいくら極めても、患者を“真に”救うことにはならない」ということ。治療技術を求めるあまりに、僕はいつの間にか、単なる「技術屋」になってしまっていたのでした。

いくら良質の治療を施しても、しばらくするとまたむし歯になったり、歯周病が再発したりする患者をみるようになりました。治療はできていても、原因除去は全くできていなかったのです。治療後の管理を徹底するために、僕は治療後のメンテナンスの在り方を考えるようになりました。

治療後のメンテナンスを考えるうちに、現在の予防歯科の考え方に行き着きました。すなわち「むし歯、歯周病、不正咬合などの口腔疾患の真の原因を知り、除去すること」を中心とした予防歯科です。そしてまた、そういう予防歯科を提供している専門の歯科医院がまだ日本に存在しないのなら、僕がそれを作り上げなければならないと考え、現在の予防歯科専門クリニックが誕生したのです。

このような考えから治療に対する考え方もまた、変わってきました。それまではいかに高品質の歯科医療を提供するか、高度な治療技術を提供するか、にばかり気を取られていましたが、よくよく考えれば、それは本当に視野の狭い考え方でした。

口腔の働きとは一体何なのか。それは、食べ物を良く噛んで細かく砕いたり、磨り潰したりすること。口腔は消化器官の入り口であり、食べ物を消化するための最初の段階を担う器官です。ここが正常に働くことが、栄養をしっかりと摂り込むことができるかどうかの決め手になります。

ですから歯医者が治療において最も重視すべきことは、口腔の機能を正常化させること。すなわち、何でも美味しく良く「噛める」ようにすることなのです。そしてまた、治療後は何の不自由も無く、口腔が満足に機能し、治療をしたことすら「忘れてしまう」くらいに自然に噛むことができるようにするべきなのです。そしてこの状態が長期にわたって維持されるよう、歯医者は管理すべきですし、このようになって初めて、患者を「日常に復帰させる」ことになると、僕は考えます。

今では僕の当初の目標が達成できているか、僕には良く分かりません。そもそも、今の日本に僕と比較になるような歯医者はいなさそうです。それでもこれが僕のゴールではありません。「お口の健康を通じて、人の健康に貢献する」という目標に、ゴールなどありませんから。だから今日も僕に出来ること、為すべきことをやりつづけています。


投稿日:2019年2月22日  カテゴリー:ブログ, 院長ブログ

お電話・お問い合わせフォームから、お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ対応時間 10:00~19:30(土曜日は17:30まで)

お問い合わせ・ご相談はこちら

043-255-8341

お問い合わせフォーム

ページトップへ