最先端の予防歯科プログラム

予防歯科とは

口は消化器官の入り口であり、体の一部です。私たちの体は食べ物によってその生命を維持しています。人間の口(口腔)という器官の最も重要な機能は、生命活動にとって必要な栄養を体内に取り込むことにあります。

予防歯科とは、口腔の健全な形態及び機能を良好な状態に維持することであります。そして、口腔は体の一部であり、口腔の健康と体の健康とは密接に関係しあっているので、全身の健康増進が口腔の健康増進に繋がるのです。

口腔内の様々な疾患はそれ単独で起こっているという事は無く、全身的な不調和や病的状態の口腔内の一症状であるのに過ぎません。

最近、歯周病が様々な全身疾患と関連しているという説が語られるようになってきました。歯科と全身との繋がりに対する関心は年々高まってきています。
虫歯も歯周疾患も慢性疾患であり、他の全身的な慢性疾患と根源的な所では同じです。
ただ、目に見える症状がどこに出ているかだけの違いなのです。

 

分子整合栄養医学の創始者の一人である、エイブラム・ホッファー博士は、初めて診察する患者に、必ずこう聞いていたそうです。
「あなたはいままで、どんなものを食べてきましたか?」と。
我々の考える予防歯科とは、まさにここから始まります。


 

我々の体は、今まで食べてきたものからできていて、食べ物によって健康にもなり、また病気にもなります。虫歯も、歯周病も、歯並び・咬み合わせの異常も、そこに至るまでに食べてきたもの、生活してきた環境によって起こってくるのです。
虫歯や歯周病、不正咬合をお持ちの方は、なぜその疾患が発症するに至ったのか、その根本的な原因を知ることが重要です。そして最も重要なことは、正しい食生活、理想的な生活習慣というものがどういうものかを知ってもらい、可能な限り実行していくことです。

そうして、全身の健康を通じて口腔の健康を作っていくことで虫歯や歯周病を予防し、成長期のお子様は健全な成長、発育を促すことで不正咬合を予防する。これが、我々が提供する予防歯科です。


予防歯科検診メニュー

当医院で行っている予防歯科および各種歯科治療、メンテナンスは全て保険適応外ですので、窓口での保険証提示は必要ありません。
予防歯科検診は完全予約制となっていますので、前日までにお電話か窓口でご予約をお願いいたします。


初診では、まず基本検査を行います。内容は、口腔内診査(視診での歯の状態、歯ぐきの状態、舌や口腔粘膜などの状態、歯並び・かみ合わせの状態、顎関節の状態など)、口腔内写真撮影を行い、お口の説明書を発行します。
口腔内に治療が必要な疾患が見つかった場合は治療の勧告をしておりますが、その場での治療は行っておりません。
必要に応じ、レントゲン撮影、歯周疾患を調べるための歯周組織検査(基本検査・精密検査)を行う場合があります。

成長期のお子様には、歯並び・咬み合わせの相談も行っております。